前田 憲男
Maeda Norio

  • 作・編曲家
  • 1934年大阪生まれ

HOME > 関連作曲家 > 前田憲男 

© Face Music Publisher, Inc.

略歴

幼少の頃より父親から読譜を学び、以後、独学でピアノを習得。高校卒業と同時に関西のライブでプロ入りをする。
1955年に上京。沢田俊吾とダブルビーツ始めとして、1957年から名門ウエストライナーズに在籍する。  この頃からピアニストとしての評価は大変なものであったが、徐々にアレンジャーとしての才能を発揮し、国内のジャズ、ポピュラーシンガーのステージ、レコーディング、TV番組等の幅広い分野で活躍する。
1975年からNTV番組にレギュラー出演し、大橋巨泉とユニークなトークを展開、人気を博す。
1977年からTBS「サウンドインS」の音楽監督を始めとし、テレビ東京「ポップス倶楽部」、フジTV「ミュージックフェア」、NHK「ザッツ・ミュージック」、テレビ朝日「題名のない音楽会」等の音楽を担当し、今日に至るまで第一線で活躍中である。
1980年、日本最高のジャズメンを集めたウインドブレイカーズを結成。このビッグコンボは、結成来不動のメンバーで、今年22周年を迎え、そのライブスポットでの人気は、22年連続超満員の記録を、もっか更新中である。
1981年、東京音楽祭「最優秀編曲賞」受賞。
1983年、レコード大賞「最優秀編曲賞」受賞。ジャズ界の最高位に価する「南里文雄賞」受賞。
この22年間のあいだ、ジャズ専門誌スイングジャーナルの編曲部門でポールウイナーに選ばれ、その高度な音楽理論に裏打ちされたその作品・編曲はわが国が世界に誇れる、最高峰のミュージシャンである。 近年は、多岐にわたる編曲活動の傍ら、その間隙をぬって上記のウインドブレイカーズ、自己のトリオ、前田憲男・羽田健太郎・佐藤允彦の三人による「トリプルピアノ」等の演奏活動の他、Bunkamuraオーチャードホールにて、1989年より1999年まで毎年、東京フィルハーモニーオーケストラを指揮する「TOPS」として独自のシンフォニック・ポップスコンサートを展開し、内外の高い評価を得た。

リーダーアルバム及び代表作

「四季」 前田憲男ピアノ・トリオ
「フィーリング イン ラブ ウイズ ラブ」 ピアノ・トリオ
「火の鳥」 ピアノ・トリオ
「チャイコフスキー/宮間利之とニューハード」
「ジャズ イン シンフォニー・悲愴/日本フィルハーモニー」

「FIEST EN JAPAN」 ★芸術祭参加作品
「祭りの四季/東京キューバンボーイズ」
「前田憲男・作品集/猪俣猛とザ・サード」
「交響詩・クラッシャー・ジョー」

「MISTY」 /前田憲男とウインドブレイカーズ
「SATIN DOLL」 /前田憲男とウインドブレイカーズ
「I'LL REMEMBER APRIL」 /前田憲男とウインドブレイカーズ
「BEST TRACKS」 /前田憲男とウインドブレイカーズ
「ウインドブレイカーズの神髄」 /前田憲男とウインドブレイカーズ
「アレンジ虎の穴・枯葉」 /前田憲男とウインドブレイカーズ
「20TH ANNIVERSARY LIVE AT THETRE COCOON」 /前田憲男とウインドブレイカーズ

「プレイ・ガーシュイン・バイ・トリプルピアノ / 前田、佐藤、羽田」
「プレイ・フェイバリット・バイ・トリプルピアノ / チャイコフスキー・アンド・アザーズ」
「トリプルピアノ 1/クラシック編」
「トリプルピアノ 2/ジャズ編」


ページトップへ戻る